2018年7月2日月曜日

ワールドカップ 日本Xベルギー


7月の運勢はこちらをご覧くださいね。

色々と物議をかもしていますが、早くも、もう日本とベルギーの試合が始まります。
また、タロット1枚引いてみました。

17番「星」正位置でした。2回目ですね。セネガルの時も出ましたが逆位置でした。セネガル戦では、2枚引いて、もう一枚が太陽の正位置だったのでベテランが活躍すると、占いましたが、今回は若手が活躍します。そして斬新な作戦を取ると思われます。

星はシリウスの叡智を表し、情報を分析し、システム立てて斬新なメソッドを構築します。日本はかなりベルギーを研究して対策を練っていると思われます。あっと言うような戦略を立てているでしょう。17番、長谷部が若手をまとめてリーダーシップをとれば、きっと勝ってくれるでしょう。


2018年6月29日金曜日

7月の運勢



サッカーワールドカップ、日本は2位でトーナメントに進みましたが、なんとなく割り切れない気持ちです。でも昨日の試合が「逆吊り」そのものでした。私はそこまで読み切れませんでしたが、タロットは奥が深いです。

さて、7月の運勢ですが、火星が逆行して、天王星や太陽とタイトなT字スクエアを形成していきますので、今月も事故や怪我に注意してください。特におうし座、しし座、みずがめ座、さそり座の方は車の運転などは要注意です。

 7月28日から8月20日までは水星が逆行します。ゲリラ豪雨や台風などで交通機関が乱れたり、野外コンサートなどの夏休みのエンターテイメントに影響が出るでしょう。水星を守護星に持つふたご座、おとめ座の方は影響が大きくなります。

今月は水星のみならず、7月11日までは6つの惑星が、月末までは5つの惑星が逆行します。物事が停滞して、前にすすみにくい状況が続きます。無理して進めるよりも、準備を整えて仕切り直す方が賢明な運勢です。




     ⭐       🌛       ⭐       🌛




  おひつじ座(3月21日~4月18日)

今月のあなた:仕事ではいつも厳しい上司が今月は手加減してくれています。休暇を取るなら、今がおすすめです。趣味に時間を多く取りたいのですが、没頭しすぎると予算をオーバーしてしまったり、メンバーと熱すぎる口論に発展したりし、ます。もし、仕事もおろそかになるようでは上司も黙っているわけはないでしょう。節度を守ってくださいね。中旬以降は金星の影響で仕事も楽しく進めることができます。

健康運:こむら返り、足首の捻挫
良い日:15日、23日
ラッキーポイント:勉強、部屋の模様替え



  おうし座(4月20日~5月20日)

今月のあなた:火星が逆行中ではありますが、おうし座にいる天王星と90度の角度を作りますので、今月も事故や怪我に注意してください。また衝動に駆られて突発的な行動に出る場合もあるます。気持ちを抑えられなくなって、会社を辞めたり、家族と喧嘩して家出をしたりするかもしれません。今は衝動的に行動しやすいので、あとで後悔しないように冷静になりましょう。変化を求めるならチャンスはまだいくらでもあります。10日以降はレジャー運が活発です。スポーツやカラオケなどでストレスを発散するのもいいですよ。

健康運:交通事故、動脈硬化
良い日:17日、26日
ラッキーポイント:博物館、銀行



  ふたご座(5月21日~6月21日)

今月のあなた:スキルを向上させようと、勉強に熱心です。しかし、ことを急ぎ過ぎではないでしょうか?気持ちがあせって空回りしているようです。プランを見直してもう少し時間をかけたほうがよいでしょう。ふたご座の人は話術が巧みですが、上旬は人からあおられて議論が白熱します。メールやSNSで思わぬ炎上や反撃があるかもしれませんので注意してください。今月28日から8月21日まではふたご座の守護星水星が逆行しますので、交通機関の乱れや情報伝達のミスに気を付けてください。

健康運:脂肪肝、坐骨神経痛
良い日:1日、19日、28日
ラッキーポイント:帰郷、時間を守る



  かに座(6月22日~7月21日)

今月のあなた: 金運にツキがある月です。保険や投資信託などの満期で大きなお金が入ってきますが、家や車の補修などで思いがけないお金が出て行くかもしれません。上旬はちょっとしたバイトや副業がみつかり、お小遣いが稼げます。中旬以降は不用品を整理して売却したり、ガレージセールやオークションに出すと良いでしょう。また、この時期は役に立つ情報が入ってきますので、困った時や何か知りたい時は兄弟や身近な人に相談したり、
ネットの口コミなどを見るとお得な情報が得られます。

健康運:鼻血、更年期障害
良い日:4日、21日、31日
ラッキーポイント:散歩、ハーブ酒



  しし座(7月22日~8月22日)

今月のあなた:上旬は金星の影響で、対人運が活発です。あなた自身も好奇心旺盛なのでパーティなどで知らない人と会ってもフランクに楽しく話せます。明るく活発で多くの人に好感を与え人脈が広がります。ただ、中旬以降は金星がしし座を後にしますので、風当たりが厳しくなります。中旬以降、当分は忍耐が必要になります。
また何でも知りたい、やってみたいという好奇心が旺盛な時期なので、スクールや図書館に通ったりするようになるかも。でも、勉強したことをひけらかしたり傲慢な物の言い方には気を付けましょう。

健康運: 椎間板ヘルニア、持病の悪化
良い日:6日、23日
ラッキーポイント:忍耐力、ホスピタリティ



  おとめ座

今月のあなた:中旬以降は金星が入ってくるため、対人運が活発になります。友達と遊びに行ったり、初めて会う人にも良い印象を与えることができます。恋愛運も上々で恋人がいる人はロマンチックなデートが期待できます。ただ、仕事が相変わらず忙しいので、遊びと仕事のバランスをとるようにしましょう。またおとめ座の守護星、水星が28日から逆行します。しかも、12室で逆行しますので、いつも理路整然として知的なあなたらしさが損なわれます。うっかりミスをしたり時間に遅れたりしますので、落ち着いて余裕をもって行動してください。

良い日:8日、26日
ラッキーポイント:デート、日記



  てんびん座(9月23日~10月23日)

今月のあなた:上旬までは先月に引き続き、遊びに夢中になるでしょう。個人的に参加している趣味のサークルなどで活発に行動できます。またデートも頻繁にするでしょう。でも、サークル活動も恋愛も気持ちが高ぶりすぎて、自分の気持ちを相手に押し付けたり、喧嘩することもあるので気を付けてください。また社会に貢献することに強い気持ちがあるので、ボランティア活動や募金なども積極的にできる月です。

健康運:狭心症、足のむくみ
良い日:1日、11日、28日
ラッキーポイント: 安眠枕、節約



  さそり座(10月24日~11月22日)

今月のあなた:家庭での仕事が忙しくなりますが、会社との兼ね合いがあり、家族との摩擦が起こりそうです。また、家庭や会社でイライラを周りの人にぶつけないようにしましょう。冷静なコミュニケーションが必要です。上旬は仕事運も良いのでお休みを貰って家族サービスすることも良いでしょう。中旬以降は趣味のコンクールや発表会などで良い成績を取れそうです。また友達との交流も多くなり楽しく過ごせます。ただ、火星の影響でいら立ちやすくなっているので、車の運転などは注意してください。

健康運:痛風、貧血
良い日:4日、13日、31日
ラッキーポイント:趣味、七夕まつり



  いて座(11月23日~12月21日)

今月のあなた:老朽化で家のメンテナンスや買い替えなどの話がありそうです。しかし予算もかなり限られてくるので補修できるのであればそのほうが良いでしょう。専門的な知識や語学などを身につけたいと考えているなら上旬がラッキーです。良い先生や条件の良いスクールが見つかります。ネットなどで探してみましょう。中旬以降は上司からあなたの仕事ぶりが認められます。ご褒美がもらえたり臨時ボーナスが出るかもしれません。今月は人と話す時にヒートアップして口喧嘩になりがちです。相手の気持ちを考えて発言しましょう。

健康運:風邪、肩こり
良い日:6日、15日
ラッキーポイント: 家宝、文房具



  やぎ座(12月22日~1月18日)

今月のあなた:今月も金運はピンチですので、もう暫く節約に努めてください。今月は、特に会社など公の場で特定の人に何か秘密にしておく事柄があって、発言を制限されることがあります。たいていはうまく立ち回れますが、かなり窮屈な思いをする月になるでしょう。中旬以降はあなたのスキルアップのための勉強に良い時期です。何か勉強したいことがあれば11日以降行動に移してください。また今月は疲れやすいので、なるべく休養を取るようにしましょう。

健康運: 肥満、高血圧
良い日:8日、17日
ラッキーポイント:輸入品、海外旅行



  みずがめ座(1月20日~2月18日)

今月のあなた:今月も火星の影響で活発に行動しますが、せっかちになったり、イライラしやすいので周りに当たらないように気を付けてください。引き続き車やバイクの運転など、交通事故にも気を付けてください。今月は責任の重い仕事を与えられ、それを一生懸命に果たしていきます。前半は特に効率よく仕事ができますが、後半は準備不足や正しい情報が入って来ないので苦戦します。中旬以降は、配偶者やパートナーがいる方は、できる限り一緒に過ごせば、お互いをより深く理解できるでしょう。

健康運:怪我ややけど、糖尿病
良い日:11日、19日
ラッキーポイント:セクシーなファッション、占い



  うお座(2月18日~3月20日)

今月のあなた:今月もストレスがたまりやすくイライラしやすい日々が続きます。また、あなたのご近所に住む人か、あなたの兄弟の環境に変化があるでしょう。そしてあなたの助けが必要になるかもしれません。中旬以降対人運が活発になります。会合や宴会など気の進まない物もありますが、お誘いが多くなります。仕事は事前準備をしっかりとしておきましょう。前半はうまく回りますが、6月が終わりに近づくとコミュニケーションのミスが目立つようになります。

健康運:冷えのぼせ、不眠症
良い日:13日、21日
ラッキーポイント:鏡、聞き上手




2018年6月28日木曜日

ワールドカップ 日本Xポーランド


先日のセネガル戦、同点でしたね。私の頭の中には同点のことを想定していませんでした。同点があると認識があれば、星の逆位置と太陽の正位置で同点を導き出せたかもしれません。ただし、頭がさえていればね。

情報戦では負けている、と占いましたが、そうでもなさそうでしたね。星は情報のカードですけど、他の解釈になるのですね。

知略よりもパワーが有利、と占いました。後半はセネガルの足が止まっていたらしいので日本の方がセネガルを消耗させたといえるのでしょう。後はまあまあ、あたっていたかな、って感じですね。

では、28日の日本対ポーランド戦です。

今回は「日本がベスト16に残れるでしょうか?」と質問しました。カードの上下を意識して1枚ひきました。

12番、「逆吊り」です。最初「あ、OK,OK」と思いましたが、逆位置??に見えました。逆位置ならば「骨折り損のくたびれもうけ」という解釈です! 気に入らないからもう一度ひこうかな(笑)と思ったのですが、よくよく見てみると・・・、正位置でした!
逆吊りは絵柄がややこしいのです。よく間違うんです。

逆吊りは、若者が村の掟を破って葡萄を食べてしまったため、周りの人から逆吊りにされてリンチを受けているカードです。でも若者の顔は微笑みを浮かべて清々しくリンチを受け入れています。犠牲や献身の後に若者は新しい価値観を手に入れ大人に成長する、というカードです。

長い苦労が報われる、ということでベスト16には進めそうです。特に戦犯として責められていた選手は名誉挽回のチャンスを与えられます。しかし、そこに自己犠牲や献身の精神がなければチャンスを活かすことができません。

12番の選手がGKの東口なので、川島に代わって出場するかもしれません。この逆吊りのカードが今の日本の、特にGKの状況をよく表しているように思えます。試合内容はすこし苦労するかもしれません。あるいは、ポーランドに負けてコロンビア対セネガルの結果待ちになるかもしれません。逆吊り正位置は明るいカードではありますが、成功するには努力と苦労が伴いますので簡単に勝てないように思えます。

日本はベスト16には進めますが、負けて他国の結果待ちになるかもしれません。そしてそれはGKの踏ん張りにかかっています。川島はチャンスを貰えますが、リンチを受けている状態で結果を出せるか、自己犠牲でチームを献身的にサポートできるか、です。東口が出場する場合は、川島がチームメートとして東口をフォローできるかが問題です。

ワールドっプ直前に選手の直談判によって監督交代になった、と聞いています。その時にチームはリンチを受けています。いえ、一部の選手だけ吊るし上げられただけかもしれませんが、個人ではなく、チームのために自己犠牲や献身的な行動をとれるならば、ベスト8に進めるかもしれません。

今回はちょっと妄想が過ぎたかもしれません。(笑)

2018年6月24日日曜日

ワールドカップ 日本Xセネガル



今夜、日本対セネガル戦があるので、ちょっと夜更かししています。待ち時間が長いのでタロットで占ってみました。

ケースに入ったままの状態でカードを1枚引くと、「星」の逆位置でした。
この方法では逆位置なのか、正位置なのかあいまいなので、もう一度引きました。
今度はケースからカードを取り出し、正位置と逆位置を意識して引いたところ、「太陽」正位置が出ました。

2枚のカードを絡めて解釈します。

「星」逆位置。カードを開いたとき、悪い気持ちはしませんでした。「いける」って直感がありましたが、逆位置なのでね。もし負けるとしても良い勝負だと思います。次に出たカードが「太陽」なのでガッチリ正攻法で戦うこと。星が逆位置なので情報戦では苦戦しています。相手の戦略の立て方、選手のコンディション等情報が足らないかも。

知略よりもパワーが有利となる解釈ですが、パワーはセネガルの方がどう見ても上ですよね。星は新しいものを意味しますので、若手がうまくプレー出来ればいいのですが。逆位置なので若手(星)よりも、ここぞのベテラン(太陽)の方が活躍するかも。また、こじつけですが、星は17番、太陽は19番なので、長谷部と酒井の活躍が期待されるかも??

逆位置がちょっとひっかかりますが、太陽の正位置がでているので前半はもう一つだけど、後半逆転できる、という解釈にしましょう!(^▽^)/
勝てるといいね。

どうなるでしょうね。楽しみです。


2018年6月23日土曜日

マンデン夏至図・日本



日本の夏至のホロスコープを作ってみました。




第1室:土星(やぎ座)、冥王星(やぎ座)、火星(みずがめ座)
第2室:海王星(うお座)
第4室:天王星(おうし座)
第6室:太陽(かに座)
第7室:水星(かに座)、金星(しし座)
第9室:月(てんびん座)
第10室:木星

定着のグランドクロス
第1室:火星(みずがめ座)
第4室:天王星(おうし座)
第7室:金星(しし座)
第10室:木星(さそり座)

運動のT字スクエア
第1室:土星(やぎ座)、冥王星(やぎ座)
第6室:太陽(かに座)
第7室:水星(かに座)
第9室:月(てんびん座)

水のグランドトリン
第2室:海王星(うお座)
第6室:太陽(かに座)
第7室:水星(かに座)
第10室:木星(さそり座)

盛りだくさんなアスペクトです。まず、地平線上がやぎ座とかに座で運動サインです。夏至から秋分の間までは世間は思い切った方向に動いていきます。しかし、定着のグランドクロスもあるため、既成概念を打ち破るのは相当むずかしく、一筋縄ではいきません。T字スクエアはそういう時に力を発揮できるアスペクトで粘り強く行動すれば、成功に導かれるでしょう。

また、このホロスコープで私の目を引いたのが、T字スクエアの月がカルミネートしていること。(頂点の近くに位置していること)しかもてんびん座です。てんびん座は12星座の中で初めて他人を意識した星座で、大人としての振る舞いが要求される星座です。月は私情を表しますが、自分のことばかり考えず、バランスがとれた感情を持つように、と教えています。

世論を表す太陽はかに座にあり非常に保守的です。第1室やぎ座の土星と冥王星は権力者や支配者だと思いますが、これらは太陽とにらみ合う形になっています。思い浮かぶのはパワハラ、セクハラの問題です。古い日本の慣習では、上下関係がはっきりしていて、権力者からのパワハラやセクハラはいたるところにありました。加害者は古い考え方を当たり前のことと考え、悪いことと思っていないのでしょう。ただ、世論は被害者の心情をあまりに保護しすぎると問題の解決にはならない場合もあります。当事者と第三者が偏った考えをすてないと根本的な解決はならないでしょう。

それに水のグランドトリンがあります。水は感情の星座。バランスの良いグランドトリンですが、木星や海王星が入っているので、感情を必要以上にあおったり、暴走させる可能性を否定できません。秋分までは感情を揺さぶられる出来事が多く起こると思われますが、感情に任せず、ムードに流されず、大人の対応が求められます。

夏至の太陽が6室にあります。6室は軍事の部屋でもありますが、もともとは労働の部屋で国会で話し合われている働き方改革とリンクしているでしょう。日本人は働くのが好きです。より効率的な仕事をするため、サービス残業をなくそうと制度を考えていますが、太陽の新体制と土星、冥王星の旧体制がにらみ合っています。これに風穴を開けられるのは改革の天王星だけですが、おうし座にあって、土星、冥王星とトリン関係。国会では議論を重ねていますが、今期法案が通るとしてもソフトランディングで、政府側が対案を取り入れる折衷案になるかも。

火星と金星の180度はどちらも次の部屋の影響を強く受けています。1室と7室は日本と相手国、2室と8室は自国の財政と外国との経済関係を意味します。身近なところで色々なものが値上がりがしてきたな、と感じませんか?安倍内閣になってからインフレ政策を行っていますが確かに色々値上がりします。でも収入は微増でしょうか? 私の収入は全然増えていなくて困ってるんですが・・・。4室へのハードアスペクトは自然災害が起こり易いのですが、おうし座は「土」の星座で地震を連想できます。アメリカの関税の件や、経済政策の面ではまだまだ解決とはいかないでしょう。

政府の経済政策は物価を上げて、収入を上げて、円安にする、です。10室さそり座の木星を頂点にインフレの海王星、通商の水星とグランドトリンがそれを表しています。形の上では整っているようですが、グランドクロスもあるため、庶民にはその恩恵が届いていないようです。

9室の月を頂点とするT字スクエアは、今、巷で話題によく上る大学の問題を連想させます。9室は高等教育で大学を表します。今年の11月、木星がいて座に入りますのでその時に旧体制の大学組織や、学問への補助金の問題など本格的にメスがはいるのではないでしょうか。

次は月末までに7月の運勢を作成します。外国の夏至図はその後でやります。

今、久しぶりに余震ありました。やだな~。




2018年6月20日水曜日

北大阪地震について



この地震で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。
私も当該地域に住んでいますが、おかげさまで大した被害はありませんでした。

Ring of Fire と呼ばれる太平洋上で地震や火山の噴火が続いています。科学的にも地震活動が活発化していることは何年も前から言われていますが、星占いでも大きな惑星が動く今年や2020年、2023年は地震などは要注意です。日ごろから災害があることを想定して準備してくださいね。私は今年の春に少し準備しましたが、不十分であることを今、身をもって体験しています。

夏至図の前に18日に起こった地震についてチャートを作ってみました。





第1室:月(しし座)
第4室:木星(さそり座)
第5室:土星(やぎ座)
第6室:冥王星(やぎ座)
第7室:火星(みずがめ座)
第8室:海王星(うお座)
第10室:天王星(おうし座)
第11室:太陽(ふたご座)
第12室:水星(かに座)、金星(しし座)

何も知らない状態でこのチャートを見て、地震が起きるとは私には判断ができませんでした。ただ天王星と火星が90度の角度なので突発的な事故や事件が起こり易い、とは言えます。

そして、秘密が支配する12室の金星、社会の10室の天王星、契約の7室の火星、そして国土の4室木星がグランドクロスになっています。このグランドクロスが地震のキーワードになるのでしょう。保護の木星の対面に天王星があるのが大きな引き金ですね。結界が破られた状態です。(通常の星占いなら、天王星おうし座1度、木星さそり座14度であれば、180度のアスペクトは取りません。でも、社会占星術のマンデンでは角度関係なくアスペクトをとります。)

このグランドクロスは定着サインで忍耐や持久力の星座です。通勤、通学途中で被災し、電車、飛行機など交通網がすべてストップしたので、交通の再開までじっと10時間以上も待った人がほとんどと思います。星は忍耐と持久力を私たちに要求しましたが、天王星があるため古くなった慣習は打ち捨てるように警告しているようにも思います。関西では阪神大震災から20年以上過ぎて、若い人は大きな地震の経験がないし、私たちの年代も遠い昔のことになっています。天王星はここでもう一度日常の中に災害のことを考えて行動するように、準備を怠りなく、と教えてくれています。それは国や自治体、企業、もちろん個人に対しても。

西の地平線に沈みゆくみずがめ座の火星が、地下の水道管の破裂を連想させます。5室の土星と12室の水星の180度が、生産性と流通、交通の麻痺を表していますが、6室の冥王星が社会に従属させられてはいるものの、規律を守る日本人という民族の特性をにじませています。

一方グランドトリンもあります。12室かに座の水星、4室さそり座の木星、8室、うお座の海王星で水のグランドトリン。これはグランドトリンでよかった。水星や海王星、木星がT字スクエアならデマや情報の錯そうで大混乱に陥っていたでしょう。
悪質なデマはありましたが、バランスのとれたグランドトリンであったため、利己的な感情で動かず、良心に従って行動した人が多かったのでしょう。今回は津波がなかったこと、大規模な火災、列車の事故や高速道路の寸断などがなかったのが不幸中の幸いだと思います。でも次はわかりません。今回の教訓を活かし、個人ができることから初めていくことが重要だと思います。

そろそろ7月の運勢にとりかかります。その前に日本の夏至図を、来週までにはアップしたいです。



2018年6月11日月曜日

米朝首脳会談ー2



6月の運勢はこちらをご覧ください。⇨ 6月の運勢
米朝首脳会談についてー1はこちらをご覧ください ⇨ 米朝首脳会談ー1

     🌟     🌜     🌟     🌜



いよいよ始まりますね、米朝会談。トランプ大統領がツイッターで12日に会談を行う、と言っていたので現地時間では13日と思っていましたが、12日にするんでね・・・。意外でした。

現地時間12日朝9時から、会談がはじまるのですが、その時間帯は月がおうし座26度。金正恩委員長には良い星回りですが、トランプ大統領にとってはあまり良い日ではありません。星占いを政治に利用している米国ならば、そこらへんは調べていると思いました。13日なら月は、トランプ大統領のふたご座に入ったのですが。

トランプ大統領から見ると彼の太陽と13日の月の位置がふたご座に入るため、やり易かったと思います。でも、太陽と月が重なる新月の状態では、トランプ大統領があまりに深刻に物事をとらえすぎてしまう可能性もあります。また、おうし座の月であれば、トランプ大統領にとって12室の月の位置となり、感情を閉じ込めた不完全燃焼のような状況が考えられます。

一方、金委員長も彼の太陽、やぎ座の17度のすぐ近くに冥王星がやぎ座20度の位置で彼の太陽と重なっています。非常に強いパワーを与えてくれていますが、それがマイナスに作用することも十分に考えらます。冥王星は与えてくれることもあるけれど、奪う場合は根こそぎ奪ってしまいますからね。




【2018年6月12日AM9時シンガポール】


第1室 :金星(かに座)
第4室 :木星(さそり座)
第6室 :土星(やぎ座)
第7室 :冥王星(やぎ座)、火星(みずがめ座)
第8室 :海王星(うお座)
第10室:天王星(おうし座)
第11室:月(おうし座)
第12室:太陽(ふたご座)、水星(ふたご座)

日毎の運勢は月で見るものですが、この日はおうし座27度、さそり座に近いのですが、やぎ座の金委員長には有利です。9時のホロスコープでは金星が第1室にいて、第6室の土星と、第7室のやぎ座の冥王星、180度です。「友好」と「査察、報復」が握手をしています。両者友好の微笑みを浮かべて会談に臨むでしょう。

しかし、勝負は9時15分までです。トランプ大統領は相手がどんな人間か、テーブルに着いたらすぐにわかる、と豪語しています。それはあながちブラフではなさそうです。9時の時点では、トランプ大統領のふたご座の太陽が12室にいます。12室にいる惑星はそのパワーを存分に発揮できません。この時点では大統領は相手に先手を取られたり、らしくない振る舞いがあるかもしれません。しかし、9時15分からは太陽が第12室から第11室に移動するため、徐々に調子を取り戻してきます。9時40分には金星はアセンダント上、天王星はMC上に移動します。そして、ふたご座の守護星、水星も11室へ移動してきます。アセンダント上の金星は1分ごとにじりじりと12室に退いていきます。まるで天照大神が天の岩戸にその身を隠すように・・・。

金委員長は9時40分までにトランプ大統領がちゃぶ台返しをしないように、慎重に臨むことが要求されます。またトランプ大統領は太陽や水星が11室に出るまでは冷静な行動をとらないと、判断ミスをしてしまうかもしれません。

変革の天王星がMC(頂点)に、友好の金星が12室に退いたとき、ここで友好ムードは一変するでしょう。確かにこれまでとは違う新たな歴史の1ページをめくることになり、世界にその衝撃波が広がっていくでしょう。

その後11時25分、その日の運勢を司る月がMCに重なります。おうし座27度。この日は金委員長をバックアップしてくれる月が世界の中心に立ちます。やぎ座の金委員長は会議の成功を高らかに謳い上げるはずです。その心中は穏やかではないでしょうけど。

結局どちらが有利なのか不利なのか難しいところですが、この日のホロスコープでちょっとした陰謀があるのに気が付きました。この日の9時のアセンダントはかに座18度。ということは金委員長の出生時の太陽、やぎ座17度は西の地平線ディセンダントぎりぎりになります。日が沈んでいく場所です。時間が経つにつれてやぎ座は地平線の下へ下降していくのです。一方、トランプ大統領の太陽はふたご座22度は上昇し、13時10分にMCに到達します。フリーメイソンたちはそれを読んで日程をきめたのでしょうか? 

じゃあ、トランプさんの勝ち?なんでしょうか?、でも、中国の習近平国家主席はふたご座23度なので一概にはトランプさんの勝ちではないように思います。トランプさんの太陽の後ろにぴったりくっついて不気味でもあります。振り向けば「ヤツ」がいる?! 一番後にやってくる者がおいしいところをさらっていくとか・・・。中国のことも含めて、考察していくつもりでしたが、わからないことが多いので今回は割愛します。

私の技量では漠然としたことしか言えないので、はっきり答えの出るタロットカードを一枚引いてみました。なんと「塔」正位置ですよ!!

塔は新しいことを進めるために現状をぶち壊すことを意味します。単に決裂とも取れますが決裂の場合も現状をぶち壊すことに変わりありません。私はポジティブに取りたいですね。

トランプ大統領は今回は顔合わせだけで大切なことは決めない、と言ってます。現状をぶち壊すためには単純に1回の会合で終わらせるのは到底無理なんでしょう。朝鮮戦争終結に向かって今後何度か調整の会談があると思います。でも、しばらくすると火星が逆行します。

平昌オリンピック後、火星の動きに誘われて金委員長は南北会談、米朝会談と進めてきました。そしてその火星が6月28日から逆行し、8月28日まで逆行します。その間の調整は停滞、後退するものと考えています。そして10月にやっと再度交渉の場を設けて進展していくと考えています。11月に米国では中間選挙があるので、それまでには朗報がないとトランプさんは困るわけだし、星の導きどおりかな、と感じます。